デンマークワールドセーリングレポート

■デンマークワールドセーリングレポート

デンマークで開催された、ワールドセーリングの報告、
唐門 紘選手,平田恵美選手の最終結果、レポートです。

レポートを読んで頂ければわかりますが相当荒れたハードなコンディションの中での
レースだったようです。

唐門紘選手は若干14歳の日本代表、最年少かと思いきや、
彼より年下の出場のカイトボード選手もいたとの事で驚きです。
平田恵美選手はマスターズクラスで3位入賞、
なんと世界大会で銅メダルを持ち帰るという快挙です。

とはいえ世界のトップクラスとの差は歴然、
今後に繋がる貴重な機会となりました。日本代表の2選手
大変お疲れ様でした。

最終結果(*抜粋)
カイトボード級男子 参加61艇 最終成績
1. Nicolas PARLIER 27.0p
2. Guy BRIDGE 31.0p
3. Theo de RAMECOURT 40.0p
48. 唐門 紘 208.0p

・唐門紘選手のレポート

デンマーク ワールドセーリング・唐門 紘選手のレポート

カイトボード級女子 参加11艇 最終成績
1. D. MOROZ 12.0p
2. E. KALININA 23.0p
3. A. FANCELLI 38.0p
9. 平田恵美 119.0p ※マスターズ3位

・平田恵美選手のレポート

デンマーク ワールドセーリング・平田恵美選手レポート

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL
«