デンマーク ワールドセーリング・唐門 紘選手のレポート

●和歌山県 唐門 紘選手のレポートです。

応援・ご支援ありがとうございました!

結果は32カ国より65名の代表選手中48位という結果報告となりました。
全力でレースに取り組めましたが、まだまだ上位には届かなかったです。
しかし昨年アジアで対決して負けてたアジアチャンピオンの選手には勝てました!
でももっと練習が必要だとわかりました!
今回本当に応援、ご支援して頂いた皆様感謝しています。
本当にありがとうございました!

以下はフォーミュラカイトのレース初日から最後の日までのレポートです。

[DAY1]
初日は6レース成立。平均16knot、ブローが30knotノット。西の陸地から会場に吹くオフの風で9平米オーバー。ガスト&シフト(ガスト=突然の強風、シフト=風向きが変わること)なコンディション。

出艇時にスーパーブローが来て選手が1名、陸上で4-5mボードと共に飛ばされて救急車で搬送。見てて怖かったです。出艇で苦労する選手が多いなか、津のレースでの練習成果?ボードを流す方法で、僕は難なくクリアー。しかし、14時にビーチから出ても本部艇はありますがコースが無い状況、運営も相当な苦労しているようでコースがコロコロ変わりスタートしたのが約1時間半後。

1時間半ほどスーパーガスティのゲレンデで50機くらいのカイトが待ちぼうけ。
スタートすると、皆んなより少し遅れていたけどなんとか、追い付いたが抜く事は出来なかった。とにかくガスト&シフトで風を読みながら難しい風でした。
下りの時にカイトのパワーを抜きすぎて、カイトの形が崩れ絡まって落としてレスキュー。レスキューは、最初どうするか聞いてきます。
そして、カイトを広げてもらうか、浜へ戻るかの選択でした。僕は、カイトが絡まりすぎていたので、浜へ戻りました。
1度タックを失敗して沈した際に、首もとにクラゲに刺されました。なかなか強烈な痛みでした。

[DAY2]
コンディション不良でノーレース。
風が無くてボードを持って沖に行く時に浜辺の浅いところで石にぶつけたりしたが、カイトループを何度もやってなんとか5回目ぐらいに出艇出来ましたが、ジャイブを失敗して転倒、カイトが落ちかけて上げようと粘りましたが、風が無くなりカイトを落としてレスキューで終了。足を数回クラゲに刺された。ビックリする程大きいクラゲはいました。

[DAY3]
南から南東の風。初日のオフよりはビーチに近いエリアで1時過ぎに第1レーススタートしました。

全選手が出て4フリートに分かれてイエロー、ブルー、レッド、ピンクで海上スタート。カイトチェンジもしくはレスキューされた選手以外は戻りません。13時から17時前まで出っぱなしでした。途中風落ちでAP旗が30分くらい上がっていましたがカイトチェンジ以外は戻らず順調にレースは6レース進行。

僕は17平米ジャスト、前半1レースから4レースま6knot〜9knot、後半5レースから6レースは12knotかやや強い位。カイトサイズは21-17平米が多い。後半は15-13平米にチェンジしてる方が多かったです。

出艇はすんなりと出れた。しかし、ドオンだったのでスタート地点まで行くのが、時間がかかりスタートギリギリでした。最後の方のレースは少し風が吹いてきて、自分のスピードが速くなってきたと思うと、みんなもさらに速くなって、トップとの差が大きかった。
そして、少しブローが強かったがスタートはみんなに紛れて行けて良かった。
でも、アップのスピードが全然違った。

[DAY4]
予定は14時半からという事ですゆっくりして13時に会場に行きました。RS -Xの女子日本代表の大西さんがリザーブデイでカイトボード会場にお越しになり、色々教えて頂きありがとうございました。

この日のレースはメディア撮影が有るということでしたが、なんとヘリコプターからカメラまわしてました、驚きです。

競技開始は他の競技がブラボーエリアで12時からスタートの予定が風が無いため大幅に遅れカイトボードの競技が始まったのがなんと18時!!日本では考えられません。

スタートは集団の中にまぎれて行けた!
上ブイを回って2番ブイの手前で3人と接戦でカイトが水面にすって、カイトを落として1レースで終了しました。その後、激しい雷雨がやってきて、残念ながら各フリート1レースで風が落ち終了。雨前は強烈なブローと一瞬真っ黒になったかと思うと土砂降り、大変でした。

明日こそ、まともにレースやれると良いのですが。爆風、微風、色々な気象条件でも各国の皆さん文句も言わず頑張っていました。

[DAY5]
ファイルステージ15時スタートの最終日、このファイルステージの結果で10位以内の選手が11日のメダルレースに進む事ができます。

カイトサイズは多くの選手は最大サイズ21-15平米でライン長は2-5メートルのエクステンションを付けて長めのセッティグの方が多かったです。

コンディションは南東から北に風が振れて
17平米+15mラインでジャストの風、ガストは無く6-10knotくらいでしたが結構シフティで途中にコース変更もありました。
スタートは、みんなより少し有利な場所からスタートが出来て良かった。
1レース目のコースどりは、上ブイへの最後のスタボーがギリギリでスピードに乗らなくて抜かれた。
2レース目以降は、風向きが大きく変わったままレースを続けた為スタートをしてから上ブイまでワンタックで行けるぐらいで、下りは上ブイから直接下ブイまで行けた。
どこの海にも藻やクラゲやゴミが流れているので交わしたり引っかかってこけたりもします。

フリート分けはゴールド、シルバー、ピンクが3回レースをして、ブロンズ、エメラルド1、エメラルド2が3回レースをするので全18レース有りました。ヒロはエメラルド1です。終わったら夜の8時40分でした。気温は低く、寒かったです。

最終結果は男子65人中48位。アジア勢ではトップでした。
欧米勢はとにかく早く、悔しいです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 3 =

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL
« »