日本カイトボード連盟役員選挙 立候補者 について

3月の総会で予定している次期、役員選挙に以下の候補者から立候補がありましたので
ここに公示します。

[氏名]松永文也
[経歴]有限会社エックスフライ代表、日本ハンググライディング連盟理事(1999~2004)、日本カイトボード連盟理事(1997〜)
[立候補文]2024パリオリンピックに向けて日本からチームを派遣出来るか否かがかかった重大な局面、スポーツの振興のためにも、また、昨今のコロナ禍からカイトボード業界が力強く立ち直るためにも、皆が一丸となって目標に取り組まなければいけない時です。組織のガバナンスが問われる昨今、組織運営の経験を活かして、このスポーツを振興していく一助となればと思い、立候補いたしました。よろしくお願いします。
—–
[氏名]沖田 晴生
[経歴]カイトデビジョン
[立候補文]
理事に立候補します。日本カイトレース創設期よりレースに関わりオリンピックに日本人が出場できるように尽力する所存です。
よろしくお願いします。
—–
[氏名]宮地 崇
[経歴]
ローカス琵琶湖
KBFJ 副会長 (1997 ~)
[立候補文]
連盟発足時より副会長として微力ながらカイト界を盛り上げる為、頑張ってきました。
至らぬ所もありますが、引き続きカイト界を皆様と共に盛り上げていきたいと思っておりますので宜しくお願いします。
—–
[氏名]松尾海渡
[経歴]
株式会社MKD 代表取締役社長
現KBFJ理事
[立候補文]
2024パリオリンピックの正式種目となった事は、日本国内でカイトサーフィンがスポーツとして認知されるいいきっかけと考えています。業界のより良い環境作りのためにも多くの愛好者を増やし、ご協力いただける企業様へのPR活動に専念していく所存です。
—–
[氏名]川路直人
[経歴]カイトボードプロショップナイスカイト代表、日本カイトボード連盟理事(1997〜)
[立候補文]
1997年カイトボード連盟設立以来、広報担当の理事として活動してきました。なんとかオフィシャルホームページを立ち上げたものの、組織として求められるクオリティ水準には至っていません。時間、予算が限られるなかですが少しでも
改善していきたいと思っています。カイトボードを周知する一助となるための連盟であり、広報理事です。コロナ禍だからこそアウトドアスポーツが見直される昨今、改めてカイトボードの存在、意義を広報していきたいと思っています。。
—–
[氏名]赤土 正剛
[経歴]有限会社レゼール代表,KBFJ 理事(1997 ~)
[立候補文]
明朗会計、無駄の是正に専念します。
—–
[氏名]前橋靖
[経歴]株式会社アクシスパートナーズ 代表取締役会長
[立候補文]
カイトサーフィンの発展に少しでもお役に立てるよう、微力ながら尽力していく所存です。

選挙管理委員会 委員長 後藤純

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − 5 =

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL
« »