2021 KITEFOIL WORLD SERIES GIZZERIA Denis Taradin (RYF) and Daniela Moroz (USA) win the season opener at Hang Loose Beach

[IKA NEWS! ]
*IKA = The International Kiteboarding Association
2021 KITEFOIL WORLD SERIES GIZZERIA
Denis Taradin (RYF) and Daniela Moroz (USA) win the season opener at Hang Loose Beach
2021年シーズンの5イベントのうち
最初に開催されたKiteFoil World Series Gizzeria
4日間17レースでDenis Taradin(RYF)とDaniela Moroz(USA)が優勝
2人はレース序盤からリードしており、
Denisは最終レースまでもつれ
Axcel Mazella(FRA)と競いあい
わずか1ポイント差での勝利
Toni Vodisek (SLO) は、3位
ポイントこそ2倍差がついていますが
2019年シーズン終わりに怪我で
レース活動中断を余儀なくされている
彼にとっては大きな成果でしょう。
「最後のレースが終わって結果を見てみると、
Axcel Mazellaと1ポイント差まで迫っている
同点の場合は私のほうが1位獲得数が多いが
最終的には最後のレースで勝ったほうが勝ちという展開
これはわかり易く私は好きです
優勝できたことは、自分でも予想外で興奮している。
風が弱くても良いパフォーマンスができたことを嬉しく思う
タリファに住んでいると、特に夏場はいつも強い風が吹く
それは幸運でもあり不幸でもある」
とDenisはコメントしています。
「第1レースでは、Denisと同点で1位になり、
第2レースは勝って最終レースまでに1ポイント差となり
最後のスタートではDenisとの絡みがあり、
彼に抗議することもできたと思う
しかし、そんな勝ち方は絶対にしたくありません。
彼は非常に強力なライバルであり、
私は彼と私のパフォーマンスに満足している」
Mazellaは最終レースの終わりにコメントしている。
「3位になれて嬉しい。大会はとても楽しい。
2年前の記憶がよみがえる。
今年はあまりトレーニングをしていなかったので、
今週は本調子ではない。
DenisとAxcel、おめでとう!最高だったよ」
とToni Vodisek はコメントしている
女子最速はDaniela Moroz (USA)総合31位
銀メダルはPoema Newland (FRA) 34位
銅メダルはEllie Aldridge (GBR) 37位
「スーパーハッピーとても楽しかった
男子も女子もいい戦いをしてくれて、とても楽しかったです
1回1回のレースを大切にできたことが嬉しい
何かうまくいかないことがあっても、
修正して計画通りに進めることができた。
次の大会では、また改善したいと思います。
常に改善の余地があるからね!」とダニエラは興奮気味にコメントしている。
最終日3レースは、風速14ノット、海面はフラット
みな最後のチャンスを狙っている。
各フリートは最終日で盛り上がり
中には気持ちがはやりすぎた者もいたようで、
初日トップのConnor Bainbridge (GBR)は、
スタートラインを早めに通過してしまいリコール
表彰台のチャンスを逃してしまう
Bainbridgeは7位、Nicolas Parlier(FRA)6位、
前回優勝のMaxime Nocher (FRA)5位
総合4位のTheo De Ramecourt (FRA)は、
第1レースで1位になるなど、素晴らしい一日だったため、
前日よりも2つ順位を上げている
今年最初のKiteFoil World Series Actが幕を閉じ、
7月14日(水)からは同じイタリアのGizzeriaで
Formula Kite U19 Individual Worldsと
A’s Youth Foil Worldsが開催されます。
次回のKiteFoil World Seriesは、
9月15日から19日まで、
オーストリアのTraunseeで開催されます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 2 =

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL
« »